投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

おじじ声明

10年目に入る前日に、おじじ声明。

現在、以下の状況であることが分かりました。

「おじじのヒーリングと教えが自動配送状態になっており、
これが長期的には宜しくないから改善すべき」

自動配送状態とは、

・質問しない内からブログに教えが書かれ続ける。
・満月新月が来るたびにヒーリングを受けることになっている。

前者については勿論、質問にお答えする形で
お教えもしている訳ですが、
それ以上に勝手にこちらが教えを垂れています。垂れ流しています。

これが皆さんを長期的には知らず知らずのうちに、
「言われたからやる」
「前に言われたことも出来てないけれどとりあえず読む」
という受動的精神に変えてしまう恐れがあるため、
ブログは今後控えめにし、
メールであれ対面であれ
「問われて初めて答える」
ということを自分の方針にしていきたいと思います。

後者については、まずはお礼申し上げなければなりません。
いつもお求め頂きありがとうございます。
満月新月ヒーリングという循環は非常に良いものだと思い
継続的に受け易くするために10000円としていた訳ですが、
ここにも同様の再検討が求められています。
そこで具体的な反映として、

9月6日のお申込みをもちましてセット割引の終了
をお伝えさせて頂きます。
(*つまり9月6日お申込みまでは従来通り)

真意は、「受け易いので受ける」から「受けたいので受ける」へ
テンションを上げることです。
セット割引撤廃のため毎満月新月受けられなくなる方、すみません。
でも反面、きっとこれまでよりも濃いヒーリングが出来ると思います。

皆さんとこれまで以上に充実したお付き合いが出来たら嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。

【次回予告】
9月6日(水)魚座満月
9月20日(水)乙女座新月

カワベマサノリ 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       

真言との関わり

最近何度か出ている真言との関わりについて。

真言や祝詞を唱えるのがもともと好き、という人はいいんですけれど、
「良い」と聞いたので唱え始めた皆さんへ。

色々お話を伺っているうちに、
こうやってみたら?という提案が出てきましたのでお伝えします。

・自分に響くものがあったら1カ月、唱える。
その間は休まずに、きっちりと。

・1カ月経ったら、一旦やめる。

・続けたくなったら、そこからまた1カ月。

・もういいやと思ったら、面倒だなと思ったら、
素直にやめる。
(途中でやめず1カ月の区切りで)

その期間に、あなたと縁があればサインがあります。
(例えば不動明王を唱えていたら、私もだよ~と友達が言う、など。
地蔵菩薩を唱えていたら、行く先々地蔵だらけなことに気付く、など。
こういうサインを見逃さないように。)

僕は、この真言はいいですよ~こういう効能で、
と言っているだけで、
唱えなきゃいけない訳ではないのでね。

いや、もっと正確に言うと、
唱えるべき、と言われても、唱えろ!さもないと、と言われても
やるやらないはいつも自分の自由なのだから、
「どうやったら自主的に関わっていけるだろう」と考えてみよう。

とりあえずずーっと続ける、という形だと
どこかで受動的、依存的になると思う。
「かわべさんに唱えろって言われたしなあ」とか。

自分で、ルールを作って、終わりも作ってやってみると
自主的営みっていうのは続けやすいですよ。

その中で、これは一生ものだ!と思えたら、
一生続けるのも、良いでしょうね。

【次回予告】
9月6日(水)魚座満月
9月20日(水)乙女座新月

カワベマサノリ 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       
ミクロコスモ・ヒーリング 

松果体意識

9月1日が近付いてくるとそわそわしてきます。

今年分かったんですが、そのすぐ近くに魚座満月がある
(今年は9月6日)。

月星座魚座は僕にとってヒーラーの部分ですから
10年前の9月1日にこの力に目覚めたのも
やっぱり必然だったということです。

今日は僕の話をします・・・。

「ああしないといけない」
「これが正解である」
「こうでなければ後で絶対失敗する」

というようなことを僕は非常にしばしば言い、
皆さんにびしっと明確な道を敷くこともあれば、
怯えさせたり、脅迫的に感じさせたりすることもあると思います。

反発心を持たれることもあると思います。
「どうしてそんなふうに思わなければいけないの?」
「いろんなやり方があっていいはず」

先日も久しぶりに言われましたが。

なぜ僕は断定的なことを言うのか?

それはヒーリングの経験上、それを裏付ける出来事を色々見てきたからです・・・
個人的信念ではなく、経験的観察から、そう述べています。

つまり「夏は暑い」と言っている。
「夏は暑くなければいけない」と言っている訳ではないのです。

だってそれが事実だから。

この9年を振り返れば、

大丈夫だと思っていたものが駄目になる。
軽視していたものが大きな力を持っている。
形だけ模倣しても心がすべてを決定する。

・・・など、「ああ、またか」と事実を確認する連続でした。

人を家に招く

色々考え事をしていたらこんな時間になってしまった・・・

9月1日で10年目に入るヒーラー生活。
いろんなことが自分に迫って来ています。

どうしたもんか・・・悩んでいます。

珍しい(笑)

「FAQに『可能な限り絶えず人を招くようにすべき』とありますが、風水的な意味ででしょうか」

家族というのは閉鎖的環境です。
閉鎖的環境の中では、おかしなものが当たり前になり、
大切なことがおろそかにされたりするものです。

そしてそれに気付かない。

それは家風というものです。

他人を外から入れることによって、
この閉鎖的環境に風を入れることが出来ます。

具体的には、掃除もするし、服もちゃんと着る(笑)
料理もいつも以上に丁寧にしたりするかもしれない。
家の飾り付けなんかもね。
勿論、一番試されるのは自分の態度。呼吸。

そうすることで気付けること、改めるべきことなどを発見できます。

それがメリット。

勿論、相手は選んで、家庭に変なものを持ちこまれないように注意して。

昨日の記事には「よく分かりました」と皆さんからご感想を頂きました。
また訳が分からなくなったら質問して下さい。

最近飛ばし過ぎたので今日はここまでにします。

【次回予告】
9月6日(水)魚座満月
9月20日(水)乙女座新月

カワベマサノリ 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       
ミクロコスモ・ヒーリング 
microcosmo-healing.com

罪と罰と祟り(笑)

先日の「罪と罰」ではだいぶ皆さんを凹ませてしまったようですね。

「最近、ブログについていけてません。
走っても走っても追いつけない感じで息切れしてます。
なんか、中学の時の数学の授業みたいで(笑)
魂の道って、今の私にはゴールが見えなくてしんどいです。」

また、


「読んで、確かにガツンと心に来るものがあって、
その後に出てきた心の声は、
「何故、そこまで徹底的にしなければいけないんだろう?」というものでした。
コツコツと地道に出来る範囲を広げていけば良いのに、
いきなりとても高い山のてっぺんを見た時のように「そこまで登れないよー」
という気持ちになっていました。」

皆さんをくじけさせてしまったことは我が不徳の致す所・・・
と申し上げるつもりは毛頭ありませんが、
今一度、分かり易い説明を試みますのでお付き合い下さい。

・・・そうだなあ。
どこから語ろう。

まずですね。
「罪」っていう言葉の意味が、辞書的な意味で取られているんではないかと思うの。

何度も書いたように僕があの記事で書いた罪とはツミ(積み、包み)であり、
「罪悪としての罪」ではない・・・
のだけれど、子供の頃から「罪=罪悪」として覚えてきているでしょ。
だから
「罪を重ねる」「罪を減らす」「罪が重いと波動が重い」
という言葉に対して、
罪悪感を指摘されたように、
あなたは罪人だと言われたように感じていないですか?

僕、そんなこと言ってないですよ。

まあこれは確かに慣れが必要だ。

「これからは瞑想のことを脱糞と呼ぶことにします」、
と言われても脱糞イメージはそうそう払拭できるものではない。
だから「呼吸を深くして脱糞して下さい」と言われたら
「えっと、じゃあまず便所か?」
と思い違えたりすることもあるかもしれない。

いきなり言葉の定義が変わる訳だからね・・・

同じ話で、
罪という話をすると、皆さんの罪悪感が反応しているのを感じる。

だから追い込まれたように感じてしまうんだと思う。

でもここは僕が書いた通りの定義に立ち戻って、
「ツミ=積み・包みなんだ」って、もう一回確認して下さい。